旅せよ、ひやま(檜山)

誰も教えてくれなかった、ひやまが見つかります。

食を楽しむ

地元地域の愛される
美食に招かれる旅。

肥沃の大地と、豊潤な海に恵まれたひやまには、舌も唸る特産品が満載。食材は豊富なことはもちろん、北海道発祥の地として各地と交わってきたこの地ならではの食文化にも恵まれています。美味しい北海道、源流の美食が堪能できます。

-
食を楽しむ

奥尻島
旬のウニ、アワビ

天然ウニが食べられる7月中旬からが狙い目!コスパの高い美味しいウニとアワビ。

寒流が育てた海の幸

高級とされるウニの中でも最高級と呼び声の高い、奥尻の「キタムラサキウニ」。奥尻で育まれたウニは香りも甘味も段違い。天然のウニが食べられるのは1年で1ヶ月間だけの稀少品です。また島で養殖されるアワビも絶品。生きたまま焼き上げるアワビの地獄焼きは産地ならではの美味しさ。殻から取り出したばかりの真の鮮度を堪能してください。

奥尻島 ウニとアワビ

江差 ニシンそば

京都のニシンそばも、源流は江差。北海道伝統の味わいをご堪能あれ!

元祖ニシンそば

京都のニシンそばは、かつて江差から北前船で届いていたニシンで考案されたメニュー。それが薄口醤油の上品な味付けの京都のニシンそばと濃口醤油の濃厚な味付けの北海道のニシンそばに分かれたと言われています。つまり北海道流のニシンそばは江差が元祖。江差では現在でも、約100年に渡って受け継がれる味を各所で味わうことができます。

江差 ニシンそば

上ノ国 ほっけの開き

本来の鮮度を堪能。上ノ国の豊富な漁場で育まれた現地のホッケ。

今や高級魚の
仲間入り

本来、ホッケは北海道近海を回遊するホッケ。元々鮮度が落ちやすいため輸送に向かず、ニシンの卵を食い荒らすこともあって歓迎されていませんでした。しかし身も厚く脂のりが良いため美味しいと評判に。中でも道南で取れる真ホッケの上をいく高級魚が、上ノ国の根ホッケです。現産地で楽しむホッケは鮮度も味も絶品。忘れられない美味しさです。

上ノ国 ほっけの開き

厚沢部 メークイン

厚沢部町の豊かな自然が育んだ、元祖メークインは甘味も食感もとびきりの味わい。

  • 厚沢部 メークイン1
  • 厚沢部 メークイン2
名前にふさわしい、その美貌と美味。

イギリスが原産のメークイン。全国で始めて根付いた発祥の地が厚沢部町です。その試作は大正14年。当時は繊細な品種でしたが、肥沃な厚沢部の風土が助けとなり定着。以後40年に渡って品種改良を重ね、厚沢部のメークインは全国で高い評価を得ています。また「あっさぶふるさと夏まつり」では、メークインを使った世界一大きなコロッケも。

今金 ゆめぴりか

甘味と粘りは北海道米でも最高峰。後志利別川の清流に育まれた、特別なゆめぴりか。

今金 ゆめぴりか1
今金 ゆめぴりか2
純粋、技術の粋。

かつては砂金に恵まれ、黄金色に賑わった清流・後志利別川。何度も日本一に輝いたという水の恩恵を受けて育まれるのが、今金のお米です。各農家で土壌にこだわり品種にこだわって実った黄金米は、196室を超える米倉庫で品質を損なわないよう徹底保管。トップクラスの美味しさだと謳われるゆめぴりか品種は、今金米の中でもオススメの逸品です。

せたな 若松ポークマン

農林水産大臣賞の受賞暦を持つ、せたなの自然で育まれた風味豊かな大人の豚肉。

ストレスフリーな豚。

澄んだ空気・清らかな水・良質なエサを与えられ、道南最高峰狩場山のふもとで育てられた若松ポークマン。徹底した豚舎の衛生管理とストレスを与えずに育てられた豚肉は、キメ細かくしっとりとした舌触りとしつこさを感じさせない風味豊かな味わいです。農林水産大臣賞を受賞するなど品評会でも高い品質と人気を集めているブランド豚です。

  • せたな 若松ポークマン1
  • せたな 若松ポークマン2
  • せたな 若松ポークマン3
乙部 ユリ根2

乙部 ユリ根

京都の高級料亭に引き立てられる、手間を惜しまず作られた乙部のユリ根をご賞味あれ。

職人育てる
最高傑作。

3年という歳月をかけて収穫される、ホクホクとした食感とほのかな甘味が特徴の乙部のユリ根。伝統を受け継ぎ手間を惜しまない栽培方法で生産されるため品質が高く、高評価を受けています。そのクオリティは、昭和54年には日本農業賞を受賞したほど。ゆり最中本舗・富貴堂のゆり根を100%使ったゆり最中で、乙部のユリ根を気軽に味わえます。

乙部 ユリ根1
ページトップに戻る