旅せよ、ひやま(檜山)

誰も教えてくれなかった、ひやまが見つかります。

おとべについて

真っ青な日本海。乙部岳に抱かれたまち おとべ

東洋のグランドキャニオンとして知られる「館の岬(たてのさき)」を望む、まるで地中海の絵画のような一面を覗かせる風景。広がる自然は中世の平安時代に、和人が初めて移り住んだときと同じ「おとべ」の原風景を感じさせます。7月は元和台海兵公園にある最高水質の「海のプール」で行われる、ウニの手づかみ体験ができる「元和台マリンフェスティバル」へ。お土産は日本一に輝いた、食用ユリ根を使ったお菓子がオススメです。様々な表情を魅せる奇岩と果てない海が続く海岸線で、神話のような自然を堪能しながらゆったりとした時間を過ごせます。

ひやまマップおとべ 奥尻(おくしり) 瀬棚(せたな) 今金(いまかね) 乙部(おとべ) 江差(えさし) 厚沢部(あっさぶ) 上ノ国(かみのくに)

透き通る水は、人のこころを優しくする。

中世の神話を呼び覚ます、奇岩と果てない水平線

01白い断崖と海岸線滝瀬海岸

どこまでも続く白い断崖、美しくも奇妙な海岸線です。アイヌの言葉でシラフラ(白い傾斜地を意味する)と呼ばれていました。明治の初めにシラフラに埋まっている岩が発見され、漁師たちは神秘的なものとしてこの石を信仰し、お供えものをしたことから現在も石神様として滝之神社の境内に安置されています。

外部リンクで詳しく見る詳しく見る
  • 滝瀬海岸
  • 滝瀬海岸
  • 滝瀬海岸

〒043-0101 北海道爾志郡乙部町字滝瀬
【お問い合わせ先】乙部町役場産業課 TEL:0139-62-2311

02国道からの眺めはまさに絶景鮪の岬 しびのさき

昭和47年(1972年)北海道天然記念物に指定され北海道自然百選にも選定されている鮪の岬。岬の形がマグロの背に似ていることや岩肌がウロコのように見えることから名付けられました。独特な岩肌は道内でも貴重な柱状節理と言われほぼ垂直に海へ達しています。

外部リンクで詳しく見る詳しく見る
  • 鮪の岬しびのさき
  • 鮪の岬しびのさき
  • 鮪の岬しびのさき

〒043-0232 北海道爾志郡乙部町字花磯・潮見
【お問い合わせ先】乙部町役場産業課 TEL:0139-62-2311

03東洋のグランドキャニオン館の岬 たてのさき

季節によって表情を変え、夕日に映える様は息をのむ美しさです。国道沿いに続く白亜の断崖は東洋のグランドキャニオンとも呼ばれています。この岬は、ニシン漁最盛期、ヤン衆とその網元の使用人の娘との悲恋物語が語り継がれており、「悲恋塚」という石碑が建てられています。

外部リンクで詳しく見る詳しく見る
  • 館の岬
  • 館の岬
  • 館の岬

〒043-0104 北海道爾志郡乙部町字館浦
【お問い合わせ先】乙部町役場産業課 TEL:0139-62-2311

04元和台海浜公園海のプール

海を防波堤で囲み「海のプール」として整備された海水浴場。プールサイドが防波堤のため大きな波を寄せつけず、水深も調整されているため、子供でも安心して遊泳できる。プールサイドにはカラーブロックが敷き詰められ、日光浴を楽しめる造りに。また、常に新鮮な海水が循環しているため海中が美しく、環境省選定の快水浴場百選に道内で唯一選ばれている。展望台から眺める景色も美しい。

外部リンクで詳しく見る詳しく見る
  • 海のプール
  • 海のプール
  • 海のプール

〒043-0114 北海道爾志郡乙部町字元和
【お問い合わせ先】乙部町役場産業課 TEL:0139-62-2311

乙部を歩いたあとは、老舗の味で一休み
ゆり最中本舗富貴堂 ゆり最中
ゆり最中本舗富貴堂ゆり最中

乙部町特産品のゆり根を使った「ゆり最中」と「百合根のパイ」。ゆり根の形をした最中の皮に、ゆり根を使った餡がたっぷり詰まっています!

■住所:〒043-0103 北海道爾志郡乙部町緑町131 ■TEL:0139-62-2024

外部リンクで詳しく見る詳しく見る
ページトップに戻る